イーストハーレム。アーティストの住むシェアルームでリラックス。

*スポンサードリンク*



2020年2月のニューヨーク旅その2です。

前の記事はこちらから

JFK空港からの道も比較的空いていて、
予定より早めの時間にシェアルーム「Omikan’s Room」にチェックイン。

ホテルだと3時がチェックインタイムだけど
早めに入室させていただけるのがありがたい…!

オーナーのみかさんとは3年ほど前に友人を通じて知り合い
彼女が運営しているシェアルームにお世話になるのは
今回で3回目です。

昨年、お引っ越しをされたので
今のお部屋に泊めていただくのは
今回が初めて。

前のお部屋よりもリビングスペースが広くなっていて
みかさんの作品が飾られていて
さらに素敵になっていました!

お茶をいただきながらチェックイン手続きをして
室内の説明を受けます。

自由に使えるキッチンもコンロが3つあるしっかりした作り。

まさに、暮らすように旅したい人には
うってつけのお宿です。

「Omikan’s Room」は、オーナーのみかさんも
住んでいるお部屋なので、
みかさんとリビングやバスルームを共用するスタイル。

私がお借りする個室にはシングルベッドと収納。
学生時代の一人暮らしを思い出させてくれる
可愛い小さなお部屋です。

マンハッタンで一人で寝泊りするのが怖い人とか
初めてのNYでちょっとした情報を知りたい人にもおすすめです。

ただ、ホテルとは違うので手取り足取りのサービスを求めずに
基本、自分のことは自分でできる人におすすめです。

シェアルームの近くにはマンハッタン中心部に出られる
地下鉄の駅があるので便利。

イーストハーレムというエリアも
昔々は危険な場所というイメージがあったけど
今はそんなこともなく、
近所には小学校やスーパーマーケット、
ちょっと歩くとホールフーズもあり
キッチンで調理する食材や飲み物などもお散歩ついでに
さくっと買いに行けますよ。

今回も、荷ほどきが終わったので
早速スーパーへ買い出しへ。

ミッドタウンやアッパーイーストのような華やかさはないけれど
ここに暮らしている人の息遣いを感じられるエリアです。

久しぶりのNYなので、みかさんと積もる話をしながら初日の晩ご飯。

「Omikan’s Room」のリビングには
「三香 MIKAORI」というブランド名で作品を生み出している
みかさんの機織り機もあるので、
運が良ければ彼女が機織りをしているシーンに遭遇できるかも!

3/20と3/21にはマンハッタンで
ジュエリーやドレスとのコラボで
ファッションショーも開催されるそうです。

みかさんは年に一度は日本に帰国して
作品展も開催されているので、
作品やご本人に会いたい人はぜひウェブサイトをチェックしていてください。

「三香 MIKAORI」

↓↓↓いつもクリックありがとうございます♪↓↓↓


全般ランキング

*スポンサードリンク*



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です